今日はこの猫にスポット




ティコ、リベンジだ!

部屋の中に蜂が迷い込んできた。
また膨れ足が出来たら大変と、
家の主が新聞ではたきおとすと、
ティコが異様に闘志をみせた。
匍匐前進で近づき、
あんたがやったのね、こいつめ、
とばかりに、ネコパンチをくりだしていた。
腰が引けて、
おっかなびっくりではあったが・・・
01.07.16



やっつけてやったのよ!!






雲は流れて・・・


ルードヴィッヒはなかなか登場できないのです。
ちょっと変わった猫なので、
いつも外を見ていて、いい写真がないのです。
外を見て、
深い哲学の世界に遊んでいるように見えます。
最初は食い気一方の子猫だったのに、
いつからそうなったのでしょう。
うーーん、考えてみると、
クサンチッペの夫となったのが原因かも知れません。
01.07.14



ノイシュバンスタイン城を作るより、
「弁明」をしなければならないから・・・





痛い、痛い、痛い


お天気になった今日
リードをつけてお庭のお散歩。
この頃ティコちゃんも大好きになったお散歩です。
巣作りに余念のない蜂が
ティコの目の前をうろうろ飛びます。
動くものに反応するのが猫、
思わず手を出したティコ。
きゃっと飛び上がって・・・
しばらくしたらこんなに腫れました。
その後、見るもの、近づくもの全部に
ウーッ、ハァーッて言っていました。
01.07.07


こんな目に会うのはだれのせいなの!


最盛期(?)はこんなに腫れてたの。



我が家にある漢方の特製塗り薬、
30分で痛みが取れて、3時間で腫れが引きます。
でも、ティコちゃんは患部を特定させなかったので、
腫れが引くまで5時間かかりました。




何かコメントをしてみたいですか?



その前のお話はここです。

次を見る

はじめに帰る